時間を上手に管理している人が実践している4つの法則って?

2016. 08. 08

仕事ができる人は他の人と同じ時間を与えられても、その時間内により多くの仕事をこなしています。

なぜでしょうか?それは、明確な目標・目的・計画、そして重要な仕事に集中して時間をかけられるようにしているからです。

つまり、時間の使い方の法則と時間管理の方法を学べばすぐに時間の使い方がうまくなれるといっても過言ではありません。

 

あなたがもし、「時間が足りない!」と思うことがあれば、もしかしたら時間の無駄遣いをしているのかもしれません。

では、仕事ができる人が意識している4つの法則とはなんでしょうか?自分に足りないものがないか、一つずつチェックしてみてみましょう。

 

 

1、明確性の法則

目標が明確であるほど、目標達成も早くなります。

「今週までに終わらせればいいや」ではだめなのです。「金曜日には上司に確認してもらいたいから、木曜日の15時までには終わらせよう。」などと、自分で明確に目標を決めること!

明確性が成功の80%を左右します。反対に、明確性の欠如は挫折や失敗を招きやすくなります。

実は多くの人が明確な目標を書き記したりしません。文字で書いた目標を持った人は、目標を持っていない人よりも短い時間の中で多くのことを終わらすことができるのです。

 

その他にも、長期的な目標があるのであれば、時々その目標が今でも重要なことなのか確認してみましょう。

時間が経つにつれ、目標を追加したり、あまり重要ではないものは削除しましょう。

どんな目標であれ紙に書いて、徹底的な事前計画を立て日ごとに実践してみましょう。

これが最高の成果と最大の目標を達成できる秘訣です。

 

 

2、優先順位の法則

優先順位の決定が生き方の質を左右します。

時間の使い方の中で、一番もったいない使い方が全く必要ない仕事に時間を使うことです。

パレート原理によると、20%の活動があなたの活動の80%の価値を生むと言われています。

これは、成功した事項が10個あるとしれば、そのうちの上位2個が残りの8個を合わせたものより、より価値があるということを示しています。

重要な仕事を成功させるなら、仕事に大きな価値をくれる少数の価値に専念したほうが効率的ではないでしょうか?

自分自身に聞いてみましょう。今この瞬間、自分にとって最も価値のある時間の使い方とはなんでしょうか?

 

 

3、捨ての法則

新しいことを始めるなら、古いものを捨てましょう。

これからは、あなたにとって重要ではないことはやめて、意味のあるものに没頭しましょう。

こうすることで、自分がどのように行動するかを効率的にコントロールすることができます。

行動が変わっていくことによって、優先順位も変わってきます。あなた自身の生き方や経歴も、ある段階ではとても重要なことだったのに、気付いた時にはそうではなくなることも頭に入れておきましょう。

 

 

4、計画の法則

計画にかけた1分が10分の節約になります。

目標・活動・時間などの計画を立てるのにかけた1分は、計画を実行する中でかかる10分を節約できます。

このように綿密に計画をたてると、100倍の収益を得ることができるのです。

着手する前に、すべての会議や目標などの計画の詳細を作成しておきましょう。

計画を立てる行為ではありますが、どちらかというと事前にやるべきことを明確に考えておくことにが重要です。

着手する前に常に任務と活動事項を書いて、作業の未来図を作成しておくのです。

 

 

あなたに足りないものはいくつありましたか?

これの法則は仕事だけではなく、普段の生活でも応用ができます。

いかに仕事もプライベートも、効率よく時間を使えるかにあなたの成功がかかっています。

これを読んだら、今すぐできることから始めましょう。たった1秒でも時間が惜しいことにもうあなたは気付いているはずですよ。