上手なダイエット方法で現れる体のサイン

2016. 09. 14

「1か月に何キロ落とせばいいのかな?」

ダイエット中の人からよく聞くこの質問。この質問に対する正解はない。

体重はダイエットに関して絶対的な数値ではない。

無理なダイエットによって体重は落ちるかもしれないが、その代わり皮膚の弾力を失ったり、リバウンドもしやすい。

 

健康に脂肪を落としていくことこそ成功的なダイエットと言えるだろう。

体は嘘をつかない。あなたの体に合ったダイエットをしていれば、すぐに体重が落ちなくても、その効果は少しずつ体に現れる。

あなたのダイエット方法が合っているときに現れる体のサインを確認してみましょう。

 

1. 朝起きたとき体が軽い

ダイエット中であれば夜食は禁物だ。寝る前に飲食をしないおかげで、胃に負担をかけずに済む。

そのため、朝起きても体が軽いのを感じられるはずだ。

 

2. 顔色がいい

朝起きて、顔を洗ったときに鏡を見てみよう。

ダイエットをする前より顔色がいいことに気付けるだろう。

バランスのとれた食事と、適度な運動は血液の循環の助けになる。

 

3. 空腹を敵だと思わない

ダイエットをするとき、最もきついのは“精神的な苦痛”だ。

極度の空腹によって周りの人にイライラしたり、ピリピリしてしまう。

そこまでの空腹を感じてしまうときは、あまりいいダイエットではないと言える。

あきらめてしまうか、体を壊してしまう可能性が高い。ドライフルーツや、野菜を食べて空腹を紛らわそう。

 

4. 1日2日くらいたくさん食べてしまっても、体重に影響がでない

友達と飲み会があったり、会社の飲み会があったりと、どうしても避けられないときはある。

このとき、おなかいっぱい食べたことに罪悪感を感じる人もいるだろう。

しかし、正しいダイエットをしていれば、1日2日たくさん食べたからと言ってリバウンドすることはない。

ただ、このような生活が続くようであればそれは見直したほうがいい。逆に過食が続いてしまう可能性があるからだ。

 

5. 肌トラブルが少なくなる

顔ににきびや、吹き出物ができるのは女性にとって大きな悩みだ。

適度な運動と、バランスのいい食事は肌トラブルを改善してくれる。

皮膚の中にある老廃物をなくしてくれるからだ。

 

6. めまいや立ちくらみをしにくくなる

無理なダイエットをしていると、めまいや立ちくらみが増えてくる。

栄養バランスで体の調節機能が弱くなる結果だ。

もしこのような症状がでているなら、そのダイエットはやめたほうがいいだろう。

 

7. よく眠れる

ダイエット中は睡眠ほど大事なことはない。

寝ている間に脂肪が分解されていくのだ。

また、適度な運動を行えば疲労感からすぐに眠りにつきやすい。

 

8. 無気力に陥らない

あまりにも疲れていたり、無気力の場合は栄養バランスが崩れているという体からのサインだ。栄養補給をしよう。

また、あまりにもカロリーを気にしすぎて疲れすぎると体に悪影響だ。

 

9. 顔や体がむくまない

無理なダイエットをしていると必須栄養素まで失われてしまう。

たんぱく質が尿と一緒に出ていくことを蛋白尿というのだが、血液の中のたんぱく質が不足しているとからだがむくむ。

豆、豆腐、卵、鳥の胸肉など、質のいいたんぱく質を摂取することが大事だ。

 

10. (女性の場合)生理周期が安定している

無理なダイエットはホルモン分泌をおかしくさせる。

女性は生理がこないほどのダイエットをしてはいけない。

逆にきちんと生理がきているなら、それは健康的に痩せられている証拠なのだ。

 

いかがだっただろうか。

理想の体型に近づくために努力することは素晴らしいことだが、それで自分の体を壊してしまったら元も子もない。

あなたの体を大事にするためにも、これらもことを踏まえて自分にあったダイエットをしましょう。