【即効性】専門トレーナーがおすすめする腰痛体操

2016. 10. 04

肩こりに並んで、とても多くの方が悩んでいる不定愁訴が「腰痛」です。

※不定愁訴=体調が悪いとい自覚症状があっても検査などで原因が特定できない状態。

 

ひとことに腰痛といっても様々な腰痛があります。 

 

 

腰痛の分類

腰痛をかんたんに分けると以下の2つに分けられます。

 

 

MRIやレントゲンなどの画像診断にうつり診断できるもの

有名な「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰椎分離すべり症」などです。

画像診断できるので医療機関で処置をしてもらえる腰痛になります。

 

②画像診断ができなく原因が特定できないもの

 代表的なものには「筋筋膜性腰痛」という腰痛があります。

画像診断にうつらないので  「原因がよくわからない」  診断されてしまうケースが多く、 腰痛で悩んでいる多くの方が、こちらのケースに当てはまります。

 

腰痛になってしまったら画像で診断できるものかそうではないかで

その後の対処が変わってきますので、まずは病院にいきましょう。

 

 

この2つのうち問題なのは「画像診断ができなく原因がわからない腰痛」です。

多くの場合、筋肉が過度に緊張したりすることによって血行不良や炎症などを

引き起こし、痛みにつながるとされています。 

 

 

じゃあ、どうすればいいの?と思いますよね?

そこで今回は、スキマ時間にできるおススメ腰痛体操をご紹介します。

 

腰痛におススメなストレッチ体操

①四股ふみ体操

腰周りと股関節には密接な関係があります。

股関節まわりの筋肉がやわらかいと腰にかかる負担をかるくできます。

②足掛けおしりストレッチ

腰痛になるとおしりの筋肉がとても張ってきてしまいます。

股関節と同様に、おしりの筋肉をやわらくすることで腰にかかる負担をかるくできます。

③側屈体操

腰痛になると腰回りの筋肉と一緒に、おなかや背中の筋肉も一緒に張ってきてしまいます。おなかの脇や背中の筋肉をのばすことで、腰回りの筋肉がゆるみます。

 

いかがでしたでしょうか?

毎日無理なく、そして場所を選ばずできる体操を紹介しました。

なるべく毎日続けることでちょっとずつ痛みが減ってくると思います。

 

 

ちょっとした空き時間におススメな腰痛ストレッチ体操、ぜひやってみてくださいね。