あなたは他人からの頼み事にノーと言えますか?

2017. 02. 06

私生活でも職場でも、手に負えないほどの仕事を任されたことはありませんか?

やりたくない仕事を孤軍奮闘しなければならず、肉体的・精神的に辛かった経験はありませんか?

私生活でも職場でも、ストレスと不安感を募らせる理由のひとつに「断れない仕事」があります。ではその断れない仕事に対して、どう対処したらいいのでしょうか。頼みごとをされたとき、相手に「他の人には頼めませんか?」と聞いてみるのもひとつの手です。

 

 

「嫌です」と断れない理由の一つに、断るよりそのまま受けた方が気楽だということが挙げられます。その他にも、急に頼みごとをされたら断るための口実をその場で見つけられない場合もあるでしょう。二度と仕事を振ってくれなくなるのではという恐怖から、特に職場では頼みごとは断りづらいのではないでしょうか。

 

また、私生活でも自分に頼ってくれることに喜びを感じ、なかなか拒否することができないこともあるでしょう。内容によっては、拒否しても良いはずです。必ずしもあなたがやらなくてはいけないこととは限りません。しかし、ここで問題になるのはただひとつ。

 

どのように拒否するかです。

 

拒否の基本は、あなたがもしその言葉で言われたときに気分が悪くなるような言葉で断らないことが重要です。

頼ってくれて嬉しいことを伝えた上で、他の人に頼めないのか尋ねてみよう。

 

それでも頼まれると言うなら、あなたはその仕事に対してかなりの能力を持っているということでもあります。他人から見てあなたの能力がそれにふさわしいとポジティブにとらえることもひとつの方法です。断れなかったからといって落ち込む必要はありません。

頼まれた仕事を解決したときは、きっとあなたの価値は抜群に上がっているはずです。