一度は行きたい世界の 異色ホテル8

2017. 06. 21

 


1. フィンランド ラップランド(Kakslauttanen Arctic Resort)

ガラスで作られたイグルー式のホテルは仰向けの状態でオーロラが見られる

 

2. フランス マルセイユ (Attrap Reves Bubble Hotel)

フランスの建築家が設計した自然にやさしいテント。

プライバシー保護のため一部テントが不透明になっている

 

3. スウェーデン ユッカスヤルビ小さな村にあるホテル。

北極から200km離れた場所の小さな村にあるホテル。

毎年10月に建てられ5月には溶けてしまうため、予約がとても難しいホテル。

 

4. チリ パタゴニア

パタゴニア地域のHuilo Huiloと呼ばれる自然保護地区にある自然と一体化したホテル。

火山の噴出をモチーフにした外観。

 

5. メキシコ サカテカス

闘牛場をリモデリングしたホテルであり建築界のノーベル賞とも言えるプリツカー賞も受賞したホテル

 

6. ケニア ナイロビ

1930年代、動物愛好家が豪邸を改造するにあたりキリンと一緒に過ごせるように作ったホテル。

動物好きな人にはたまらないホテルだ。

 

7. ジャマイカ ウェストエンド

現実逃避したい人にオススメしたいホテル。

 

8. タンザニア東部 ペンバ島

1泊16万円ほどかかるが一生に一度は泊まってみたい憧れのホテルだ。